カテゴリー: 未分類

合宿免許のメリットは短期間で効率的に普通二種の免許が取得できることですが、他にもメリットがあります。一つは、合宿先や合宿プランによっては楽しめることです。観光地での合宿免許プランも数多くあります。スキーやスノボなどをリーズナブルに楽しめたり、温泉でゆったりしたり、運転免許と同時にスキューバダイビングの免許を取得できることもあります。

また、合宿中は基本的に同じメンバーと期間を過ごすため、仲間ができることもメリットでしょう。二種免許を取得する場合、運転経歴が3年以上なので、普通一種免許取得のために合宿に参加している人にとっては、先輩となります。運転免許を取得する際に、技能で悩む人もいます。なぜ自分はうまくできないのか、といった悩みの相談にのってくれる先輩ドライバーは頼もしいもの。後輩にアドバイスをしながら、自分の運転技術の向上もできるでしょう。

合宿免許は宿泊代も含まれるため費用は高いと思いがちですが、短期間で教習を終えることができるため、費用が安くなることも多いです。二種免許の合格率は低く、通学では合格するまで補修が必要になり、補修は追加料金がかかります。合宿の場合補修は追加料金が発生しないケースも多く、その場合追加料金の心配がない点もメリットです。

参照リンク《免許の匠_合宿免許プラン情報

普通二種の免許を合宿免許で取るか、通学して取るか、迷う人も多いでしょう。通学でも合宿でも教習時間は変わりませんが、通学の場合、日数をかけて通わなければならず、早い人でも1ヵ月はかかるでしょう。合宿免許は1週間程度、集中して教習をするので短期間で免許取得をすることができます

合宿免許の場合は、短期間ではありますが仕事や学校を休む必要が出てくる可能性もあります。しかし、その期間だけなので、今後の仕事のことなどを考えれば効率的でしょう。特に大型二種などは教習車輛が少ないことも多く、自分の予定通りに予約が取れないこともあります。合宿免許であれば、そのようなストレスはありません。集中して運転教習が受けられるので、運転技術も向上するケースも多いです。

合宿先では、朝9時もしくは10時~16時もしくは17時くらいまで学科と実技を週習得します。教習の最後の方では、実技の時間が増え、拘束時間も少なくなります。最後の日に卒業検定があり、同時に卒業式があります。所持している免許と取得希望の二種免許によって必要な日数は異なりますが、最短1週間で免許を取得することが可能です。集中して免許を取得するなら合宿免許がおススメです。

運転免許には種類がありますが、その中で普通二種とは、乗客を運ぶ目的で自動車を運転する際に必要になる免許です。普通二種の免許を取得すれは、バスやタクシー、ハイヤー、民間救急車などの車輛を運転できるようになります。普通一種の免許では、お客様を乗せて運転することはできません。お客様を乗せて運転をするには、二種免許が必要です。現在では介護用の車の運転や運転代行業なども増えていますので、二種免許を取ることで、ドライバーの仕事の幅も広がるでしょう。

普通二種の運転免許を取得するための条件は、一種免許と異なる点がありますので注意しましょう。年齢は満21歳以上で、他の第二種運転免許をすでに受けているか、普通移動車・中型自動車・大型自動車・大型特殊自動車のいずれかの第一種免許取得者で、運転経歴が3年以上経過していることが条件となります。また、片眼で0.5以上、両眼で0.8以上の視力が必要で、深視力という立体視における遠近感、立体感を測る検査において2cm以下であることが必要です。

普通二種の運転免許を取得する方法は、普通一種免許と同じです。公認自動車学校に通いながら免許を取得します。また、独自で練習し、運転免許試験場で技能試験を受けるという方法もあります。短期間で効率的に免許を取得するなら、合宿免許が便利です。合宿免許は、短期間で集中して勉強できるという点や、観光地などで行うことも多いため楽しみながら取得できるというメリットもあります。普通二種の運転免許を合宿免許で取得する方法について紹介しましょう。